第一回 千宗旦

利休の孫。少庵の子。僧侶になるべく修行をつんだ宗旦。利休の死後、千家に戻り、生涯仕官せず、極侘びをもとめて、華やかさはないけれど、青竹のような清さと美を備えた人「源流茶話」宗旦。