第二回 古田織部

利休亡き後、茶道指南役として武家茶道の基礎を築いた。利休はいつも弟子に茶道には創意工夫が大切だと教えてきた。織部は利休の茶に新しい明るい工夫を凝らした。その二人の逸話から、利休と織部の心の交流にふれる。